Home労務問題就業規則非正社員セミナー事務所案内よくあるご質問最新情報
リンク
料金について
お問合せ
非正社員

 

 

 非 正 社 員 の 活 用 




 

 非正社員を活用する効果は

社員の中には、正社員以外に、高齢者などの嘱託社員、定年再雇用者、パート、
期間契約社員などの形態で雇用されている方がいます。また、社員ではないが、
派遣社員や業務委託、請負で働く方が社員と同じ職場で業務に従事している場
合もあります。

非正社員の活用は、会社にとっては各々の従業員が持っている技能・経験・知識
を活用することによって、事業の発展と後継者育成にもつながるメリットがあり、雇
用される当事者にとっては、収入確保のほかにやりがい(モチベーション)を得られ
双方にメリットがある経営方針です。

   

非正社員の労務管理

 

非正社員は正社員と労働条件が異なるために、会社は採用手続、労働契約の
内容、賃金の決定、福利厚生などについて就業規則を定め、個々の従業員と労
働契約書を取り交わします。
法令遵守はもとより、職場規律を徹底し、当事者間の公平性を図る労務管理が
必要となります。

  

  
公的制度の利用
 
勤務時間と賃金決定などに活用できる以下のような制度がありますので、一度
ご検討されることをお薦めします。尚、支給される要件等の詳細は、当事務所ま
でお問合せください。

 高年齢雇用継続給付

    60歳以上65歳未満の雇用保険被保険者で、60歳到達時の賃金と
    比較して60歳以後の賃金が75%未満に下がった場合の給付金制度
    です。

 高年齢求職者給付金

    高年齢継続被保険者が失業した場合に支給される給付金です。

 在職老齢年金

    会社に勤めながら受給する年金制度です。給与収入と年齢によって
    支給額が異なりますが、年金収入を考慮した賃金設定ができます。

 定年引上げ等奨励金

    65歳以上への定年引上げ・継続雇用制度の導入等を行った事業主                                          に支給されます。

 特定求職者雇用開発助成金

    60歳以上・障害者・母子家庭の母等の特定求職者を雇入れた場合
    に支給される助成金です。

 パートタイム助成金

    パート労働者の処遇を向上させた事業主に支給される助成金です。

 

 

  
その他のご相談ご質問もお気軽にお問合せください。

大橋社労士事務所
〒252-0325 神奈川県相模原市南区新磯野4-3-4-505 ℡ 046-252-8416